オチェアーノ - 情報の海に溺れて

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オチェアーノ-情報の海に溺れて

情報漏えいの事例など、情報セキュリティ意識を高めるブログ

MENU

シャドバなど美少女系ソシャゲの10連ガチャのコスパと自制する方法

10連ガチャを回すのは、だいたいどのような感覚なのか

グラブルやシャドバなど、美少女キャラクターをウリにガチャをバンバン回してもらうようなソシャゲはたくさんあります。

もちろん最近ではとりあえず美少女を出しておけば良いというわけではなく、ゲーム性やソシャゲ内のグラフィックやユーザーインターフェースも重視されています。

 

そしてだいたいのソーシャルゲームにあるのが「10連ガチャ」という奴です。モンスト、グラブル、エレスト、シャドバ、知りうる限り全てのソシャゲが導入しています。

その10連ガチャに対する課金額ですが、ゲームによってまちまちではあるものの3000円から5000円の間が主流のようです。

 

果たして、10連ガチャのコスパは高いのでしょうか。ソシャゲで強いキャラというのは、一体いくらするのか。

強パーティと呼ばれるものを組むのにはいくらお金がかかるのか。特に学生の方によく読んでもらいたく。

10連ガチャのコスパについて

一般的にガチャを回すということは、お金を払って:

 

1. 最前線で通用する強い(可愛い)キャラクターを入手する

2. おまけを入手する

3. ワクワクを買う

 

といったところでしょうか。基本的には1の理由が圧倒的だと思います。

 

美少女系ソシャゲであれば可愛さも要求されますが、要するに強キャラが欲しいんですよね。

特にソシャゲではガチャの売り上げをあげるためにも有料キャラ(ガチャでしか排出されない)のステータスに差をつけまくっています。

 

10連ガチャは単発ガチャより優遇されていることが多く、星3やただのレアと言われるような低級有料キャラが排出されないことが多いです。

そのため、お得に感じがち・・・ですが肝心の最上級レアの排出率は変わっていないこともしばしば。

 

だいたいのソシャゲでは、最上級レアリティのカードやモンスターの排出率は1%付近に抑えられています。

つまり、10連ガチャを10回回しても約4割の人は最上級レアは当たりません

 

ここでえ?と思った方はこの記事も合わせて読んでみてください。

ガチャ出現率1%は、100回引いても当たる可能性は63.4% - オチェアーノ-情報の海に溺れて

最上級レアリティは一体おいくら?

しかも、最上級レアリティの中でも当たり外れは大きく、たとえばモンストの最上級レアリティは星6と呼ばれるキャラクターです。

その中で実質使われている主流のキャラクターは約20種行くか行かないか程度です。

 

モンストの星6のトータル数は160種以上なので、最上級レアリティを仮に引き当てたとしてもそこから有用なキャラを引くまでに12.5%の壁が立ちはだかります。

 

出現率アップやバナーの絞り込みなども考慮したとしても、モンストオーブの値段を考えれば、

約3万円ほどつぎ込めば、お目当て+想定外ラッキーのキャラを1、2体引けるかも知れないという程度になります。

 

これはネットのガチャ動画等を見ていても「だいたいこんな感じ」と思えるレベルです。気になればYoutubeで検索してみると良いでしょう。

ゲームによって多少異なりますが、多くの美少女系ソシャゲではこの程度の値段設定になっているでしょう。

 

最上級レアで欲しいキャラを手に入れるにはだいたい2万円から3万円かかると覚えておけば良いでしょう。

でもネットを見るとみんなバンバン当ててるみたいだけど・・・

例えば自分が3万払って10連ガチャを10回回したと仮定しましょう。その中で2回、大きな当たりが出たとします。

自慢したい。引きが強いって思われたりといった承認欲求が強い人であれば、どのような行動に出るでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

わざわざハズレのスクリーンショットを共有はしないでしょうし、引きが強いと思わせるためにも回数を少なめに申告するかも知れません。

3万円払って当てた!とはなかなか言えないでしょう。(無駄遣いしてると突っ込まれるのが怖かったりして)

 

またスクショが使いまわされていたりして実際には回していない場合などもあります。

他にもユーザーのガチャを煽るために行われることも・・・。

 

ネット上のガチャ報告は、正直言って全く当てになりません。

Youtubeなどで何百連もガチャを回している画面を最初から最後まで映している動画を見ればいくらか正確かも知れませんが。

 

ネットの報告を見て連想するあいまいで楽観的な排出率と、確率論からくる排出率のギャップがフラストレーションを生むことになります。

最上級レアのキャラでも、下手すればあっという間に風化してしまう

仮に1%の壁と12.5%の壁を乗り越えて美少女かつ強力なキャラクターを手に入れたとしましょう。

ソシャゲが始まった直後であれば、しばらくの間はそのキャラクターだけを使っていれば楽しめるかも知れません。

 

しかし、ソシャゲはどうしてもガチャ売り上げや盛り上がりの観点からキャラクターの強さがインフレしていく傾向にあります。

もっとも顕著な例はパズドラで、昔は闇パーティで4倍!強すぎ!だったのが今や50倍超えるのがボトムラインみたいなところはあります。(100倍越えもゴロゴロ)

 

さらにいえば、1体だけ強いキャラを手に入れても何も始まりません。だいたいはパーティを組むために最上級レアのキャラが複数体必要です。

そうすると、狙ったパーティを組むための必要金額は10万近くまで跳ね上がることも。

 

それすら半年後にはゴミ扱いされかねないのがソシャゲです。

 

しかも、次から次へと新キャラが投入されるので購買意欲は高められていくばかり。特に新しいもの好きな男性は狙い撃ちされます。(それと美少女キャラの相性も良いのかも知れません)

自制心を鍛えるためにも

射幸心をバリバリ煽る強キャラや美少女キャラですが、まだ学生のうちはできるだけ自制しておいたほうが良いでしょう。

どうしてもという場合はスタダガチャ(グラブル)など、確実に狙ったキャラが手に入れられるものに限定しておくのが賢明です。

 

とにかくソシャゲはありとあらゆる手段で射幸心を煽り、ガチャを回させようとします。

そうしたビジネスモデルなので仕方がないのですが、こと経済力と自制心という意味で学生はソシャゲの罠にハマりやすいもの。

社会人ですら陥るんですから仕方がありません。

 

自制する方法ですが、自制心を鍛えるというのは一つの手です。

 

具体的には自分が何にいくら使ったかを徹底的に記録・振り返ることで無駄をなくしていくサイクルや、

他にもできるだけ「今あるものでやりくりしていく」などといった社会人の必須スキルなどを事前に磨いておくのも良いでしょう。

 

しかし、それ以上に「衝動的に課金してしまう」ことを防ぐ環境を整える方が大事です。

ワンタップで10連ガチャできてしまうような環境だと、ふとした気の迷い、射幸心の高まりで4000円が飛んでいきます。

 

課金はiTunes Cardを通してのみ行うようにすれば、ガチャボタンを押すまでに冷静になる機会は何回かあるでしょう。

しかもiTunes Cardはキャンペーン中10%額の増量など行われるのでお得です。

 

自制心と、簡単には課金できない環境を整えることが、最終的にガチャで散財して大きく後悔することを防げます。

 

特に学生の方は、過課金にならないように注意していきましょう。

スポンサーリンク