infoMode

情報セキュリティからテクノロジー、お役立ち情報などを発信します。

ガチャ出現率1%は、100回引いても当たる可能性は63.4%

1%なんだから、100回引けば1回は当たるんでしょ?←まちがい

よくソーシャルゲームのガチャで耳にする、スーパーレアのキャラは出現率1%という数値。この数値ですが、どうも100回引けば1回当たる、と勘違いしている方がとても多いようです。

今回は確率の話をしましょう。自然対数の話とか小難しい事は抜きにして、出現率1%の罠について解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

さすがに100回引いたら”必ず”1回当たると考えている人は少ないようですが、なんとなく9割以上の確率で当たるんじゃないの?と考えている人は多いはずです。今回はそれがどこまで本当か検証してみましょう。

出現率1%について

出現率が1%ということは、1/100の確率で出現します。裏を返せば、99/100の確率で出現しません。出現率は、回数とは関係なく毎回抽選の度に一律で1%のままです。

つまり、2回連続で出現しない確率は、(99/100)^2=0.98となります。3回連続で出現しない確率は、(99/100)^3=0.97となります。

この調子で、100回連続で出現しない確率を求めると、(99/100)^100=0.366という数字になりました。なんと、約36.6%の確率で100回引いても出現率1%のスーパーレアは出現しません!

これは実に1/3以上の確率で100回引いてもお目当てのスーパーレアが出現しないことを示唆しているものであり、100回引けば1%でも1回ぐらいは出るでしょう、と考えていた人にとっては驚きではないでしょうか。

じゃあ何回引けば1%が引けるんだよ!?

では、抽選回数を増やしてみましょう。

(99/100)^100=0.366...

(99/100)^200=0.133...

(99/100)^300=0.049...

という具合です。

 

これって結構衝撃的な数字で、出現率1%のスーパーレアは、300回ガチャを回しても5%の確率で引けないことを示しています。

戦術系ゲームやポケモン対戦で命中率95%が如何にクリティカルになってくるか分かる方は分かると思いますが、この5%という数字は結構大きいです。

ちなみに500回も引けば、一度も当たらない可能性が1%を切りますのでまぁそれなりには当たるといって差し支えないレベルになるでしょう。

 

あるスーパーレアの出現率が1%だったとして、自分が100回ガチャを引いたとしても63.4%の確率でしか手に入らないのです。

さて、大体ガチャにかかる金額は300円から500円の間です。ここでは間をとって400円として、1%のキャラを手に入れるのに必要なお金は・・・

 

100回引けば出るんでしょのマインド→400x100=40,000

95%の確率で出すための抽選会数→400x300=120,000

 

なんと8万もの差が生じてしまっています。

まとめ

こういった確率が絡むゲームや仕組み(ギャンブルなど)は、最低限の確率についての知識を揃えておかないと大損してしまうことになります。

ガチャにいくらお金をつぎ込もうと、無課金で進めようと、それは人それぞれの自由であり、例えガチャ依存症に近い状況にあったとしても外野からはなかなか何かできることはありません。

しかし、確率についての正しい知識を持つ事で、無謀な期待を持つチャンスも減り、より健全にゲームを楽しめることへと繋がります。興味があれば、奥が深い確率の世界をもう一度復習してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク