オチェアーノ - 情報の海に溺れて

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オチェアーノ-情報の海に溺れて

情報漏えいの事例など、情報セキュリティ意識を高めるブログ

MENU

プレミアムフライデーですら午後3時退社であるという事実

低迷するGDPの押し上げのため、政府が「プレミアムフライデー」という仕組みを考察していることが報じられました。

月末の金曜日は午後3時に仕事を終えることによって、夕方からじゃんじゃん買い物とか旅行して貰おうということだそう。

 

早ければ今年の10月から具体案の検討に入るようですが、果たしてどの程度まで効果があるのか。

結構中途半端な気がしてならないんですよね。

”午後3時退社”って何?

月末の金曜日1日だけ午後3時退社というのがとても中途半端でモヤモヤします。

 

だいたいの企業は朝8時 or 9時始業、定時は17時 or 18時といったところでしょう。であれば、午後は2時間だけ働いてお疲れ様です、となるわけです。

その2時間、本当に必要なのでしょうか?労働時間が減るっていったってどうせその他の曜日で十数倍のお釣りがくるぐらい働いてるんですからあんまり関係ないですよね。

 

また、中途半端な労働時間だとモチベーションにも関わってくるでしょう。午後は2時間程度なんだよなーと思うとダラダラしてしまう人だって存在します。

ちょうど連休に入る前の金曜17時ぐらいの気分です。

 

いっそのこと金曜日は午前勤務のみ、とかにした方が消費者サイドもいくらかやりやすいと思うんですけどね。

あと、祝日がない月のプレミアムフライデーは終日にするとか。

毎週金曜日は午前勤務のみor隔週金曜日はお休み

海外のメジャーオイルやエンジニアリング企業などは、月曜日から木曜日まで1日あたり1時間多く残業する代わりに

金曜日を午前勤務のみとすることができる制度が存在します。

 

毎週金曜日午前勤務の場合は、金曜日のランチは従業員でお昼飲みして解散、などというケースが多い模様。

隔週金曜日は、2週間の間1日あたり1時間多く残業して、2週目の金曜日をオフにできる制度。

 

プレミアムフライデーがこういった制度に刺激を受けて出てきたアイディアなのかどうかは知りませんが、もしそうなのであればやはり改悪してきたか、という感じですね。

しかも政府主導というのがいかにも日本らしいところではあります。

それで本当に個人消費が増えるの?

月末の金曜日のみ午後3時に退社できたとしてそれで個人消費が本当に増えるんでしょうか。

しかも、実際は周りを気にして午後3時に帰れず結局定時に帰るとかいう風景も目に見えるようです。

 

個人の消費については、大きく分けて以下のように考えることができます:

 

1. 消費に回すお金がないから、消費できない

(低い賃金、税率、天候要因、先行き不透明見通し不安など) 

2. お金を消費する時間がないから、消費できない

 (お金はあるけど使う暇が無い)

 

プレミアムフライデーは、2番の層をターゲットにしていることは明らかです。

 

仕事が忙しすぎて時間が全く取れないサラリーマンに口実を与え金曜を午後3時に退社させる。

お金を使う時間を設けることで個人消費は増える!なんてところでしょうか。

 

では、建前抜きのところで考えてみましょう。

スポンサーリンク

 

 

お金を使えないほど忙しいサラリーマンが、金曜3時に退社できるか?

ノー残業デーなど、過労働を防ぐための仕組みなどは提唱されており実行に移している会社も多いですが、果たして機能していますか?

ちゃんとノー残業で帰れてますか?その分のしわ寄せが別の曜日に来ていませんか?本当に労働時間減ってますか?

 

よく考える必要があると思います。定量的に。

 

そんな中、プレミアムフライデーが導入されたからといって「午後3時!お先!」なんて帰れるとはとても思えません。

それこそそのうち、

 

「プレミアムフライデー、真に受けて15時に帰る新入社員」

 

みたいな煽り記事も登場することでしょう。

 

最近ではこんな記事が大炎上していました。

なぜイマドキ新入社員は定時で即帰ってしまうのか|就職できない若者の「トンデモ言動」|ダイヤモンド・オンライン

 

今度は「なぜナウでヤングな新入社員はプレミアムフライデーで即帰ってしまうのか」って感じですねきっと。

 

お金を使えないほど忙しいサラリーマンが、金曜3時に退社して消費するか?

忙しいととにかく家に帰ってゆっくり休みたい、休日も誰にも邪魔されず昼間で寝ていたい。

そういった気持ちが強くなります。

 

普段消費できないぐらい忙しいサラリーマンが、金曜たまたま3時に帰れたとして旅行なんて行きませんよ。

土曜日に出社して、金曜早く帰った分のしわよせも含めて仕事するだけです。

 

たとえ土日全部休んだとしても旅行なんて気力、残っていますか?それぐらい過重労働は気力を奪います。

 

金曜早く帰れるし、月に1度はプレミアム飲み会だな!なんて話になるかも知れません。幹事かわいそう。

 

 

だいたいのことはネットショップなど通販で済ませられる時代です。

金曜日の3時退社か、6時退社かで果たして本当に消費に影響があるのでしょうか。甚だ疑問です。

 

まとめ

ということでプレミアムフライデー策定するなら休日にしてください。2の倍数の月だけ導入とかしてメリハリつけてもいいです。

6月は祝日ないし辛いしちょうどいいです。

スポンサーリンク