オチェアーノ - 情報の海に溺れて

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オチェアーノ-情報の海に溺れて

情報漏えいの事例など、情報セキュリティ意識を高めるブログ

MENU

ピアノのタイル2攻略!何本指がベストか、連打のコツ等まとめ

最近、ピアノのタイルというスマホゲームにドハマりしています。

 

ピアノのタイルはよくある音ゲーで、スクリーンを鍵盤に見立てて4列に分割されたスクリーン上で遊びます。

音楽に合わせてタイルが落ちてくるので、それを押すだけというシンプルなゲーム。ミスしたら終わりです。

 

 

とてもシンプルながら、音質も良く曲のバラエティや量も豊富で長く遊べます。

1ゲーム1ゲームが短いのでふとした時間に遊べるのがとてもGOOD。

 

そんなピアノのタイルについて、気づいた点やコツを紹介したいと思います!
(ちなみに私の現在の記録です・・・。まだ達人いってない・・・)

 

f:id:rk12liv:20160708125519p:plain

ピアノのタイルの仕組み

ピアノのタイルでは、曲を選択するとステージが始まります。

 

そして、1度その曲をクリアするとクリア後はどんどん曲のテンポが上がり、ミスするまで続くことになります。(無限の階段)

楽曲は3パートに分けられておりそれぞれのパートをクリアするごとに星が1つつきます。

 

つまり、星3つでクリアとなります。初回クリア時はボーナスも。

その後、無限の階段でスピードが上がった曲をもう1回クリアすれば王冠が2つつきます。

 

記録として残るのは王冠3つ(2回テンポアップ)までで、その後はスコアだけが伸びていきます。

ミスした時点で曲が止まって最初からやり直し。

 

レベルアップについて

同じ曲をずっとやっていてもレベルはあまり上がりません。

各曲の星の初回取得時に、星1つあたりレベルアップに必要な経験値の1割ぐらいもらえます。

 

つまり早くレベルを上げようと思うと、レベルアップで追加される曲を全て星3つにして、更に1000PT弱をどこかで稼ぐ必要があります。

クリアした曲を再度クリアしてもたいした得点にならないほか、王冠もあまり経験値にはなりません。

 

スポンサーリンク

 

プレイスタイル・・・何本指がベスト?

ピアノのタイルでは指1本のような書かれ方をしているものの、1本指で通じるのはレベル20ぐらいまでじゃないでしょうか。

基本的には両手の親指を使って2本指プレイすることになります。(画面を左半分・右半分に分けて分担)

 

しかしながら、スピードが上がってくると親指2本だけでは追いつかなくなります。

特に高難易度の曲では画面半分の高速交互タイルがよく組み込まれていますが、親指1本じゃ足りません。

 

そこで私は右利きなので、右手は人差し指と中指。左手は親指だけでプレイしています。

人差し指と中指で画面右半分をカバーして、左半分は左手の親指で。

ただし画面左半分の密度が高い場合は右手の人差し指も使って助ける感じになります。

 

これで一応それなりにプレイできているので、オススメです。

ずっと親指2本の方は最初は戸惑うかも知れませんが、是非試してみてください。

 

指4本は、左手2本・右手2本か利き腕3本反対1本が基本になると思います。

しかし利き腕3本反対1本だと同時押しのジグザグ連打が厳しくなるのでオススメしません。

 

左手2本・右手2本を極める必要があるかどうかは超高レベル者以外不明かも知れません。

ピアノのタイルのコツ1:同時押しのジグザグ連打

レベルが上がるにつれて、同時押しをジグザグに配置して連続的に押させるボタンが出てきます。

これでスピードが上がると、親指2本ではとても追いつきません。

 

そこで、3本指が登場します。片指はジグザグ動かして、もう片方の手で人差し指と中指を交互に押すだけ。

一気にやりやすくなることが分かると思います。

 

ピアノのタイルのコツ2:連打

時々デカイタイルが落ちてきて、数字が書いてあります。その数字分連打しないと成功にならないものです。

 

これ、結構難しいんですよね。

 

連打しすぎて、過ぎ去った後の空白を押してしまってミスになった方は数多くいるはず。

未だに私もこれは苦手なんです。

 

コツとしては、大タイルの上に次のタイルがある場合は、そのタイルの下の部分を連打すること。

そうすることで大タイルが急に消えても次のタイルにタッチとなり、ミスになりません。

 

大タイルと次のタイルの列がずれてしまった場合は、大タイルを猛連打して、残り3ぐらいになったら気持ちゆっくり目に押しましょう。これでなんとかなります。

超高速曲で列がずれてしまった場合は、何秒間あるか・何回連打かを体に叩き込んで等間隔で連打するほかありません。

 

正攻法ですね。

初見殺し:ハンガリー狂想曲第5番

40曲目に"Hungarian Dance No.5"があります。

これ、それまでの曲とは桁違いにレベルが上がります。初見殺しもいいところです。

星2つから発狂モードになります。

 

私は親指2本でまったりプレイしていたところ、この曲をプレイして唖然となりました。

その後ショックでしばらく避けていて、最終的にクリアしたのは120曲目をクリアして、3本指奏法になった頃でした。

 

トラウマ。

 

ホール

難易度別に3段階に分かれていて、レベルによって解放されます。

メドレーみたいな感じで、1秒間に何タイルまで処理できるかを競うことになります。

 

これ、かなり奥が深い上にタイルの配置はランダムの模様(数パターンかも知れませんが)

よって記憶ゲーとはならず、本当に実力を上げることでしかスコアは伸ばせません。

 

ピアノのタイルへの課金について

全く必要ない程度かと思います。有料曲の方が楽しいということもないですし、

無料曲も有名な曲はたくさんあります。

 

広告の多さ

3,4曲に1回ぐらい広告出してきて大変です。

最近のアップデートで、広告を消すまでの時間が短縮されましたがそれでも結構出てきます。

小ネタ:きらきら星

ホームが音楽などのメニュー画面でボタンを押すと音がなります。

連続して鳴らしてみると・・・?

 

スポンサーリンク