infoMode

情報セキュリティからテクノロジー、お役立ち情報などを発信します。

定点カメラ包囲網からの、怖すぎる情報流出

壁に耳ありどこでも目あり、情報流出は避けられない

例えばコンビ二などの入り口に取り付けられた監視カメラなど、少し外に出れば何らかのカメラが映像を記録している。防犯カメラはもちろん必要だが、それ以上に恐ろしいのが定点カメラだ。

スポンサーリンク

 

 

定点カメラは一箇所を向いてその場所の映像を記録・配信する装置だ。多くの場合定点カメラはネットワークを通じてそのカメラを管理している団体のサーバーに動画が一定期間保存されている。

最近は定点カメラの数が増えているだけではなく、インターネット上で定点カメラが録画している映像がリアルタイムで見られるようなサービスも流行り始めている。しかも、定点カメラといいながら可動式でインターネットを通じて視界を操作できるような機種まで登場している。

例えばiPhoneやiPad向けアプリに”Spy Camera”というのがあったが、これはまさに全世界の定点カメラの一部から映像を集め、インターネットを通じて配信しているものである。

防犯だけが目的ならいいけど・・・

これら定点カメラからの映像は、そのカメラを管理している団体がインターネットに公開するつもりで録画しているのかどうかを考える必要がある。

公開する意志があってインターネットに情報を公開しているのであれば良いが、例えば監視カメラなどインターネットに情報を公開すべきでない映像が映っているとしたらどうだろうか。そして、この点は利用者からは非常に区別をつけにくい。

特に電子機器の設定に疎い人間が定点カメラを使っている場合、知らないと複雑に見えるネットワーク設定を放っておく人も少なくないだろう。設定次第では映像がインターネットに駄々漏れになっている可能性があるとしても。

ルーターのファイアウォールだったり、ネットワークプリンターの設定だったり、この手の設定は非常に注意しなければならない。意外とネットワーク機器の初期設定は、利便性を考え非常に単純なパスワードを設定してあったり、そもそもパスワードの設定すらされていないものもある。


スタンドアローンの家電ならともかく、ネットワーク機器を運用するのであれば常にどのような状態にあるかを把握しなければならない。

流出を防ぐには、情報がどう繋がっているかを理解する

インターネットは誰でもアクセスすることができる。そして、インターネットに弱いセキュリティで繋がっているネットワークも誰でもアクセスすることができる。パスワードが123456などの単純なものなら尚更だ。

例えばFACEBOOKやGMAILなどではパスワードの入力ミスを複数回起こした時点で警告され、そのアカウントの管理者にも通知が飛ぶようになっている。だが、スマート家電やOA機器などに代表されるネットワーク機器は必ずしもそのような設定にはなっていない。つまり、総当り攻撃などに非常に弱い。

セキュリティが弱いだけではなく、何かに通知するというシステムもないことも多い。家にあるルーターに誰が何回不正アクセスを試みたことがあるか、分からないのと同じだ。被害にも気づきにくい。

こういった問題はメーカーなどで対応して欲しいとも思うのだが、その対応が追いついてない以上は定期的にアクセス記録などを監視して不審なアクセスや侵入形跡がないかどうかをチェックするということも必要になってくる。

それが難しければ、せめて放置系のネットワーク機器には非常に厳重なパスワードを仕掛けておきたいもの。

まとめ

誰かが定点カメラの情報を通してウソのアリバイを見抜くかも知れない。いつの間か顔写真がたまたま通り過ぎたいかがわしいお店をバックにして流出するかも知れない。浮気や会社へのウソがバレるかも知れない。交通事故の真実を暴くカギになるかも知れない。

映像流出の結果は良くも悪くも転ぶかも知れないが、一ついえることはこれらの情報は当事者の許諾なしに放映され続けるということだ。しかも、撮影されていることに気づけないのだからたちが悪い。

更に定点カメラを勝手に撤去することもできないから、映ってしまうのを防ぐこともできないのだ。非常に迷惑なことこの上ない。路上カメラだけではなくて、もしかしたらお店の中の監視カメラがたまたま外の風景を捕らえているかも知れない。そう、目はどこにあるのか分からない。


私達が住んでいる世界はもはや監視社会へと移行している。記憶装置の大容量化、カメラの高性能化・小型化、画像認識技術、パターン認識技術、ビッグデータ分析技術、モノのインターネット。今の時代もっともホットな技術達は、集まったら恐ろしい敵になるのかも知れない。


だから悪いことをするのはやめよう。

合わせて読みたい 

スポンサーリンク