infoMode

情報セキュリティからテクノロジー、お役立ち情報などを発信します。

成人向け出会い系サイトから身バレする恐怖。4億件のアカウント情報漏えい

以前、不倫に限定した出会い系サイトのアシュレイ・マディソンからの情報漏えいが話題になりました。

情報漏えいをしましょう。不倫推奨サイト”アシュレイ・マディソン”からの情報流出


そして今度は、成人向け出会い系サイトのAdultfriendfinder運営元から情報漏えい事件が起きました。

ガーディアン誌によれば同社から合計4億(うちAdultfriendfinderは3億4000万)を超えるアカウントが情報漏えいしたと報告されています。

 

この数は過去に起きた情報漏えい事件と比べても最大級のものであり、2014年のヤフーからの情報漏えい(5億+)にも匹敵します。

 

サイトの趣旨が大人の割り切った関係に限定されていることもあり、不倫専門のアシュレイ・マディソンほどではないものの

利用者であることが漏れれば社会的に大きなダメージを負うことになるでしょう。

インターネットだから安全、バレない・・・は通用しない?

たとえば実生活においては、ちょっと怪しげな場所に行けば治安が悪かったり、見られたくないところを見られたりするなど分かりやすいリスクがあります。

しかしインターネットにおいては、パブリックだったら150%マズイというもの(例:アシュレイ・マディソン)ですら、匿名性があるためハードルが下がるようです。

 

実際問題としては、たとえコミュニティ内に匿名性が担保されていてもこのような不正アクセス等による情報漏えい事件が起きてしまえばお終いです。

そしてインターネットでは、”社会的にグレー”と思われるコミュニティであればあるほど、ハッキングの攻撃対象になりやすい傾向にあります。

 

それはハッカー達の”正義感”に基づくものもあれば、”社会的に公表されてマズイ情報”を世に広めて楽しみたがる愉快犯など様々な理由があることでしょう。

スポンサーリンク

 

しかし傾向として、この手のサイトからの情報漏えいはこれからも増えていくものと推測されます。

 

仮にふとした気の迷いでこの手のサイトに登録してしまっただけでも情報は保持され、このような情報漏えい事件が起きるととんでもないことになります。

退会したのに個人情報が消されていないというのは、アシュレイ・マディソンのケースで既に発覚しています。

 

そもそも利用を推奨しませんが、これらのサイトを実名登録するのは非常に危険ですし、メールアドレスも捨てアドでなければ大変なことになるでしょう。


ましてや、クレジットカード情報などをつかまれていたら・・・。

万が一利用するなら、個人情報を徹底的に秘匿する

繰り返しますがそもそも利用を推奨しませんが、より足がつきにくくなる方法というのは存在します。

代表的なものであればクレジットカード決済をやめて、ウェブマネーやビットコインなどを利用した決済方向へ移行することです。

 

捨てアドを使い、偽名かつ電子マネー決済を行えば身元を特定されるリスクは極端に下がることでしょう。

他にもアカウント取得代行サービスなど、世の中には非常に多種多様なサービスがあるものです。

 

とはいっても攻撃対象になり情報漏えいを起こす以前に、不正なコードをサイトに埋め込まれたり、謎のアドオンをひたすらプッシュされたり。

このようなグレーなサイトでは情報漏えい以前の危険があることもしばしば。(例えるなら治安が悪い)

 

道徳的にもセキュリティ的にもあまりよろしくありませんね。

 

私以外私じゃないの~なんて歌っていたらあっという間に身バレにつながります。

そして作られる「こいつ登録していたぜ!!データベース」

 この手の情報漏えい事件が起きて利用者がもっとも恐れるのは、「そのグレーなサービス利用者リスト」が作成・公開されることです。

そしてこの初期段階は既にリーク済みということでクリアしていることでしょう。

 

次なるステップは、そのリークされた情報を元に「検索可能なデータベース」を作成することです。

検索するのは名前であったり、メルアドや電話番号のケースもあります。

 

グレーなサービスであれば実名登録されている可能性は低いので、電話番号などより偽装しにくいもので検索されるようになるでしょう。

 

冷や汗をかいていませんか?

 

まとめ

大手不倫SNSサイトは大きな情報漏えい事件を引き起こし甚大なダメージを受けました。

続いて、成人向けの出会い系サービスAdultfriendfinderは過去最大級といっても過言ではないほどの大きな情報漏えいを引き起こしました。

 

今後アシュレイ・マディソンのケースと同じように、利用者のデータベース化、検索機能追加、登録者のユーザー層分析など様々なことが行われるでしょう。

 

恐ろしい世の中になったものです。グレーなサービスの利用はほどほどに。。。

スポンサーリンク