オチェアーノ - 情報の海に溺れて

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オチェアーノ-情報の海に溺れて

情報漏えいの事例など、情報セキュリティ意識を高めるブログ

MENU

マイナー曲含むKinki Kidsの切ない名曲ランキング10選

珠玉揃いのKinki Kids楽曲ランキング

Kinki Kidsといえば言わずとしれたジャニーズアイドルで、出すシングルが軒並みオリコンチャート1位を獲得する超人気グループです。

しっかり意味の込められた歌詞と音楽に、堂本剛の圧倒的な歌唱力と、堂本光一の透き通った声質がマッチしているのが大きな魅力。

 

Kinki Kidsは聞くのはもちろん、カラオケで歌うととても大人っぽく映える曲もたくさんあります。

短調ながらキャッチーなメロディラインに載った切ない歌詞は、日本人の心を打ちやすいのでしょう。

 

 

そこで、今回はそんな名曲揃いのKinki Kidsの曲の中でも切なさに主眼を置いてランキングをまとめてみました。

10. ビロードの闇

夜明けを連想させるようなイントロから、くねくねと半音上がったり下がったりするメロディーラインでKinki Kidsの世界観に引き込んでくれる曲です。

サビがひと段落したあとの"Oh"という部分がとても色っぽく、余韻を残してくれます。

ビロードの闇(初回生産限定盤)

カラオケで歌うとキマりますが、音程を取るのが結構難しいです。よく練習していった方が良いかも?

9. 雪白の月

とても切ないメロディラインが特徴の雪白の月。カラオケでこの名前が入った瞬間「おっ?」となること請け合いです。

最近ではトレンディエンジェルの斎藤さんがカバーしたことで知名度があがったのではないでしょうか。余談ですが斎藤さん、歌うまいですよね・・・。

SNOW! SNOW! SNOW! (通常盤) 

8. Want You

結構凝った曲で、やや女性向けの曲かもしれません。サウンドなどが絶妙に調整されており、堂本剛と堂本光一の掛け合いなどにテンションが上がる方も多いことでしょう。

曲調も歌詞もちょっと大人っぽい感じの曲です。

M album 【通常盤】

この曲は特に、二人で歌うとより盛り上がること間違い無し。Kinki Kidsの曲全般に言えることではあるんですけどね。

英語が多い?確かに。ちょっと歌うのこっぱずかしいかも。

7. 愛されるより愛したい

 2ndシングルということもあって、Kinki Kidsの中でも初期の方に位置する楽曲です。

そのシンプルなタイトルから曲名の意味について多数の議論が交わされているようです。

愛されるより愛したい

これは単に能動的に愛したいという意味ではなく、愛されることを前提にそれよりも深く愛したいんだとか。

 

単純に男女の恋愛関係について綴った曲ではない、とかファンの間でも様々な意見が持ち上がるほど。

それだけ解釈の仕方が多い楽曲ということですね。

6. 欲望のレイン

比較的歌いやすい曲が多いKinki Kidsの中でも難易度が高く、また珍しくカラオケで歌おうと思ったら曲が入ってなかったなんてこともある名曲が欲望のレインです。

ジャニーズ事務所内で若手の歌唱力を判断するために使われているのではないか?なんと勘ぐったりもします。実際この曲はKinki Kidsの曲の中でも長く歌い継がれていく傾向にあるようです。

D album

余談ですが、ジャニーズJr.は結構な頻度でKinki Kidsの曲を歌うことがあります。

その中でも難易度の高いこの曲を歌ったジャニーズJr.は晴れて同じグループになるとかいう都市伝説があるそうですが、真相はいかに。

5. distance

DISTANCEは嵐のメンバーがバックダンサーを務めていたことでも注目される曲です。

ひたすらIn the Distanceと連呼する辺りで哀愁を感じるのは私だけかもしれません。 

A-album

あまり知られていない曲ですが、Kinki Kidsにしては珍しい曲でもあるので聴いてみると彼らの新しい一面について発見できるかも? 

4. カナシミブルー

比較的最近のシングルなので20代前半の方でも知っているのがこの曲でしょう。

疾走感があって格好良い曲調で、ダンスもキレッキレに着いていくのが定番です。

カナシミブルー(通常盤)

意外とKinki Kidsは「かっこつける」感じの曲が少ないと感じていますが、その中では比較的格好つけてるな・・・と思わせてくれる曲です。

不思議と嫌味がないのがまたKinki Kidsのすごいところでもあるんですが。

ちょっとTMRevolutionみたいなところがあるかも。 

スポンサーリンク

 

3. 春雷

春雷とは読んで字のごとく春に落ちる雷で、春の期間寒冷前線の通過に合わせて落ちる雷と言われています。

多くのJ-POP曲が春を桜で表現し、別れを桜が散るのに例える中この曲はあえて雷を持ってきました。

少しけだるい感じのサビが歌詞ともよくマッチしていて、余韻を残す曲でもあります。

ビロードの闇(初回生産限定盤)

実はKinki Kidsとしての楽曲にはいわゆる桜ソングはなく、また考えてみればKinki Kidsに桜は似合わない気もします。

Kinki Kidsの演出する切なさや寂しさというのが、桜のイメージとは少しかけ離れているからでしょう。そういうのは嵐に任せておけばいいんです。

2. 雨のMelody

雨のMelodyはもっともKinki Kidsらしいといえる曲ではないでしょうか。

短調だけどキャッチーでリズミカル、歌詞は切なく甘い、メロディーラインも激しく最後に転調あり。

曲の前半からすでに高音で、歌唱難易度もKinki Kidsの中でトップクラスと言われています。

雨のMelody/to Heart

短調の曲はどうしても爽やかさが損なわれがちでカラオケで歌うタイミンに迷うこともあるかもしれませんが、

この曲は疾走感のあるイントロのフレーズがそれを見事に解消してくれています。

 

サビが終わった後間髪入れずフレーズに入り込んでいくテンポの良さが素晴らしいです。

1. 硝子の少年

最後は言わずと知れたKinki Kidsの名曲、硝子の少年です。

個人的には雨のMelodyと並んで、「Kinki Kidsの切ない曲」双璧を担っていると思っています。

硝子の少年

やはりKinki Kidsの声質を考えるとこういった透明感のある、短調だけどキャッチーな曲がとても合うのだと思います。

歌詞の内容的には10代後半を連想しますが、一方でこの曲は大人になってから歌った方が説得力が出るような気がしています。

当時の記憶が蘇るような、そんな素晴らしい一曲です。

まとめ

Kinki Kidsの良いところに、意外と知られていないマイナー曲まで曲のクオリティがとても高いことも挙げられると思います。

カップリング曲やアルバム曲なのに、シングル曲並の気合とキャッチーさを感じるような曲もたくさんあります。

 

ジャニーズという意味では嵐やSMAPなど多少の距離感を感じてしまう方もいることでしょうが、Kinki Kidsは二人ということもありアイドルアイドルした感じは薄めです。

是非、聞いてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク