オチェアーノ - 情報の海に溺れて

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オチェアーノ-情報の海に溺れて

情報漏えいの事例など、情報セキュリティ意識を高めるブログ

MENU

Pokemon Goでナンパをする男達を発見したのでそのパターンを2つ紹介

Pokemon Goには出会いツールになるのではないかという指摘があります。

しかしゲーム内のチャット機能もないし、出会いを求めるツールにはならないんじゃないかと思っていました。

 

 

そんな中、私がカビゴン捕獲に勤しんでいるとついにPokemon Goをダシにしたナンパを見てしまいました。しかも短期間に二件。

正直、んなこと起きるわけないやろーと思ってたわけなんですが、ああいう風に目の前で起きると。ちょっとびっくりしてます。

 

というわけで、今日私が駅前の溜まり場で目撃したナンパ2パターンを紹介したいと思います。

 

パターン1:それもしかしてPokemon Go!?

多分Pokemon Goなんかなくても余裕でナンパできそうな色黒いにーちゃん二人組が、ポケストップ密集地帯のギャル二人に声をかけていました。

 

にーちゃんA「ねぇねぇそれPokemon Goって奴?」

にーちゃんA「なんか周りもみんなプレイしてるんだね」

ギャルA「えーなんですかー」

ギャルB「キャタピーいらなーいw」

にーちゃんA「ふーん、ねぇねぇどうやって進化させるの?」

ギャルA「私そこまで詳しくないんですよー!」

ギャルB「マジキャタピーしか出ないしw」

 

(しばし沈黙)

 

その後ギャルABは去って行きました。にーちゃん達がPokemon Goをプレイしていなかったようで、

いまいち話が盛り上がらなかったんですね。

 

スポンサーリンク

 

にーちゃんAが自分の得意な話題に持って行こうとしたみたいですが女性陣はPokemon Goに夢中。

難しいもんですね・・・。多分敗因はPokemon Goの勉強不足。

 

成功するパターンは多分:

にーちゃん「ねぇねぇ俺のカイリューCP2000超えなんやけど〜」

ねーちゃん「抱いて!」

 

ってかにーちゃんBがずっと黙ってたのがいたたまれなかった。にーちゃんA助けてあげてよ。

 

パターン2:この辺でミニリュウ見ませんでした?

にーちゃん 「この辺でミニリュウ出るらしいんだけど出ました?」

ねーちゃん「いやーそれが私も探してるんですけどいないんですよー!」

にーちゃん「あ、ですよね。ミニリュウかなり捕まえないとカイリューに進化させられなくて困ってるんですよ」

ねーちゃん「この辺のポケモンジムほとんどカイリューですよね。私も早くミニリュウ捕まえたい・・・。」

にーちゃん「ですよね」

ねーちゃん「ってかこのあたり全然珍しいポケモン出ないんですけどビードルもういらないし!」

にーちゃん「そうですよね」

 

(以下ずっとねーちゃんのターン!)

 

ねーちゃんが一方的に喋って去って行ってしまいました。にーちゃんちょっと気が弱そうだったからなぁ・・・。

 

そういえば昔、有名なナンパのパターンでペンギンナンパっていう代物を聞いたことがあります。

お気に入りの女性の前にいって、「あのーすいません。ここら辺でこれくらいのペンギン見ませんでした? 」とジェスチャーをしながら会話を繋げていくという手法だそうです。

 

今後はミニリュウナンパとか、ピカチュウナンパとかが主流になっていくのか・・・。

時代ですね。


まとめ

まさかのPokemon Goを通したナンパを短期間に二件も見てしまったのですが、まぁこれだけの人が溢れれば不思議ではないのかも。

それにしても、女性もかなり多くいたのは印象的でした。夜遅くに女性だけでああいった場所にいるのはあまり安全じゃない気もします。

 

今後も有名なポケストップではどんどんPokemon Goをツールにしたナンパが行われていくんでしょうね。

Pokemon Goコンなんていう合コンもあるそうで。。。

スポンサーリンク