infoMode

情報セキュリティからテクノロジー、お役立ち情報などを発信します。

iPhoneで写真を隠す方法

ついつい溜まってしまう、見られたくない写真

ネットサーフィンをしていると、ついつい見られたくない画像を保存しがちではありませんか?

もしくは、後ろめたい関係の写真であったりとか・・・。善悪はともかく人間は生きていれば隠したいものも出てきます。

 

その一方、iPhoneは清廉潔白というか清純派を目指しているというか、とにかく”隠す”機能がイマイチ強くありません。

iPhoneでどうしても隠したい写真をお持ちの方々は、今回紹介する3つの方法で隠して追求を逃れましょう!

スポンサーリンク

 

その1:非表示にする

写真アプリを開いて、”モーメント”のタブで隠したい写真を選んで左下のボタンを押し、右下の非表示をタップします。

そうすることで、画像をモーメントやコレクション、年別などのタブから非表示にすることができます。

 

しかしながら、アルバムという場所から簡単に見えてしまいます。

大量の写真があって十分にカモフラージュできる方はこれでも良いかもしれませんが、そうでもない場合はそこまで強力な手段にはなりえません。

おまけ:最近削除した項目に注意!

親切心なのか、Appleは削除した写真を最長30日間に渡って保存してくれるアルバム「最近削除した項目」を追加しています。

昔であれば写真を消したらそのまま消えるんですが、最近のiOSでは一時保存してしまうのです。誤操作による削除が増えたからかもしれませんが、

 

見られたくない写真を最終手段だ!といって消しただけでは対策とはならない状況です。注意したいところですね。

その2:写真秘匿アプリを利用する

やはり需要は大きいようで、上記のように写真であったり動画を鍵付きで隠すようなアプリがあります。

中でもこのアプリは使い勝手がとてもよく、直感的でシンプルなデザインのおかげで助かること間違いなしです。

 

また、アプリによってはダミーパスワードと呼ばれる偽物のパスワードを設定できるものがあり、

万が一このアプリの存在がバレてしまったとしてもダミーパスワードで開く方を見せて、”ちょっと個人情報多くて見せにくい書類だよ”とごまかすことも可能。

なお、下記記事で紹介しているiPhoneアプリの隠し方と併用すれば効果倍増です。

 

全体的なITリテラシーの向上に伴って秘匿アプリのような対策は意味をなさなくなっています。

こういった秘匿アプリが入っているだけで”やましいことでもあるの?”と。上記記事でうまく隠し通すことができれば、まだ切り抜けられます。

その3:iBooksを活用する

写真アプリはすぐ目に止まります。彼氏彼女のiPhoneを手に取ったら開かれる確率99.9%のアプリです。

そんなに注目度高いアプリではたとえ非表示などを行ったとしてもバレる可能性も。であれば、”なんで削除できないんだろうなー?”と疎まれるiBooksを使い倒しましょう!

 

やり方は簡単。隠したい写真を開いて左下のボタンを押し、メニューをスクロールして「PDFをiBooksに保存」をタップしましょう。

これで、画像をiBooksで閲覧できるようになりました。あとは削除して、「最近削除した項目」からも削除してやれば完璧!

 

写真アプリには残りませんが、iBooksできっちり閲覧することができます。しかも読むことに特化したアプリだけあって、写真より使いやすい場面もあるというおまけ付きです。

 

まとめ

上記で、iPhoneで隠したい写真を隠す方法を紹介しました。しかしながら、結局のところ一度疑われてしまえばなかなか疑惑を拭い去ることは難しいのです。今の都知事のように。

なので、iPhone上でそういった写真を保存することを諦めて、外部メディアに記録し利用したいときだけPCで見る。などという風に割り切るのがもっとも安全です。

 

それでは、良いiPhoneライフを。

スポンサーリンク