infoMode

情報セキュリティからテクノロジー、お役立ち情報などを発信します。

舛添知事会議費偽装疑惑における、滞在先ホテルからの情報漏えいと匿名性について考える

まえおき

私は舛添知事は豪遊しすぎだと思うし、旅行費を会議費に偽装したりするのは論外。しかもそれが450人規模の会議が正月に行われないと、起こりえない金額だというのは政治家というより常識がないんだなって思う。

要するに、本記事は舛添知事を擁護する意図は全くありません。その上で、今回の会議費偽装疑惑における問題点を当ブログなりに考えてみたい。

情報漏えいと、匿名性について疑問がふってわいたため。

スポンサーリンク

 

従業員からの情報流出事件

当ブログで前にこんな話をしました。

よくあるのが、芸能人が美容院にきた、嵐がホテルに泊まった、などといったことをツイッターなどで公開してしまう話。

この記事の話も、堀北真希が結婚し家を探した際、二人を応対した不動産仲介の従業員がその事実をツイッターにて公開してしまったことを題材にしている。

有名人が来るとテンションが上がり、ついつい書き込みたくなってしまうのかも知れない。世の中そんな人はいくらでもいる。

昔であれば、知人友人恋人そして家族に嬉々として報告するぐらいで済んでいたのかも知れない。本来であればそれも問題になるケースだが、まぁたわいない世間話ぐらいで済んでいただろう。厳密には情報漏えいだ。

しかし、今やネットで個人が全世界に発信できる時代。普通に考えて芸能人が行く先行く先でツイッターに”○○が美容院きた!”、”○○がレストランきた!ホテルはここ!”とかひたすら書かれちゃたまったものではない。

そして何より、守秘義務違反だ。

週刊文春が取材した”ホテル関係者”って一体誰?

週刊文春では滞在先ホテルは千葉県木更津にある。さらに、舛添知事のツイッターに投稿された写真の風景とその他の情報を合わせて、その滞在先は竜宮ホテルスパリゾートというところまで判明している。

exif情報とか関係なく、今や写真の風景だけでも居場所がバレかねない状態。これについてはまた別のエントリーで触れることとする。

そして、私が大きな疑問というか懸念を感じているのは、舛添知事が滞在していた期間の行動を情報漏えいさせていることだ。

 

週刊文春の記事では、”ホテル滞在中舛添知事はプールで子どもと遊んでいた”とか”高額な部屋に泊まった”などといった”ホテル関係者”の証言が紹介されている。

そもそもまず”ホテル関係者”という曖昧な書かれ方をしている以上、情報漏えいがホテルから起きたと考えるのは早計かも知れない。そのホテルの内情を知るステークホルダーなら誰でも、と読めるからだ。

 

行っていた行為の善悪は抜きにして、従業員が守秘義務に違反して滞在者の情報を漏らしていたなら大問題だ。特にホテルなどという施設では、信用性に関わる極めて重大な問題だろう。

ちなみに、今現在は竜宮ホテルスパリゾートはサーバー落ちを頻繁に起こしている。舛添知事の偽装疑惑からアクセスが集中しているためだ。

あら大変。

匿名での投稿は影響力を持たないんじゃないの?

もう一つ疑問がある。”保育園落ちた日本死ね”という汚い言葉を使ったエントリーが一時期話題になった。(その後、どうも政治家繋がりらしいことが調査されている)

その際、しきりに言われていたのが”匿名での発信なんて”という姿勢。毛色は違えどFacebookなどでも匿名は嫌われている。

一方、日本は2chなどに代表される匿名で情報交換を行う文化にずっと慣れ親しんできている。世界屈指の建前社会なだけあって本音をぶちまけられるところをずっと求めてきたのかも知れない。

 

では、実在するかどうかもわからない”ホテル関係者”に対して取材を行い、入手した証言に果たしてどれだけの価値があるのだろうか。

”一貫して匿名だろうと発言そのものの内容が重要”という立場をとっているならまぁいいでしょう。しかし、

 

内容が気に入らない→匿名→こんなの信ぴょう性がない!

内容が求めていたもの→匿名→匿名だからこそかえって信ぴょう性がある!!

 

というダブルスタンダードを持っている人。いるんじゃないでしょうか。そして、それはどうなの?

とりあえず

近々舛添知事が会見を行うとのことで、会議費の偽装疑惑などについてはそこで明らかになるか、お茶を濁されるか、まぁその辺だと思うのであまり興味がない。

しかし情報管理という観点で、 週刊文春のいう”ホテル関係者”がどのような立場の人間だったのかという点に関しては非常に興味がある。

 

ホテル側は立場上はクリアだ。”お客様の個人情報を許諾なく第三者にもらすことはありません”というだけ。

もちろんその守秘義務に違反した従業員がいるとすれば重大な問題なので、なんらかの内部調査は行っておくべきだろう。いらぬ風評被害につながりかねない。

スポンサーリンク