infoMode

情報セキュリティからテクノロジー、お役立ち情報などを発信します。

卒論の次は卒業旅行?LINE流出のベッキー、オーストラリアで位置流出

不倫疑惑の真っ只中、卒業旅行?

離婚届の事を”卒論”と言い換えるなどしてゲス極み川谷との不倫疑惑が大きく報道されたベッキー。たった一つのラインのやりとりが招いた大事件で自宅謹慎しているなどといわれていた。

その謹慎中のはずのベッキーがオーストラリアの動物園で写真を撮られており、しかも満面の笑みを浮かべているというから驚きだ。ツイッターにて投稿されていたが、なるほど確かに本人の写真である。

スポンサーリンク

 

不倫騒動に対して、記者の質問を許さない形での一方的な謝罪会見によって、大幅なイメージダウンを受けている。詳細な説明や奥さんへの謝罪もないまま、このように海外で自適悠々と暮らしていると知られれば更なるイメージダウンは避けられないだろう。

今や国民は企業に対しても、芸能人に対しても、誰に対しても説明責任を果たさず逃げるような態度に非常に敏感になっている。SMAP解散事件でもファンの混乱が大きな圧力となったことも事実のようである。

そんな中、ほとぼりが冷めるまで海外に身を潜め逃げ得を得ようとはいささか時代錯誤だといわざるを得ないが・・・。

逃げ得を許さないユビキタスネットワーク

今やインターネットに散らばる情報は世界中からアクセスすることができるし、世界中からインターネットに情報を散らすこともできる。その一つ一つの情報はその重要性に応じて扱われ方が変わってくるが、基本的に誰でもいつでもアクセスすることができるのが特徴だ。

そして今回、ベッキーは新たな流出被害を受けてしまった。あえてここでは流出被害という言葉を使用したが、ベッキー自身は写真であれだけの笑みを見せているからには特に気にしていないのかも知れない。

ベッキーは優等生キャラで売って来たにも関わらずゲス極み川谷との不倫疑惑でキャラクターイメージに大打撃を受けており、その説明も十分になされていないと日本中から批判を受けている。

そのような状態で、”謝罪・説明責任を果たすべき”や”謹慎して反省すべき”という声が飛び交う中オーストラリアの動物園に満面の笑顔で旅行に行っていたなどを報道されればどうなるかは、大体の人は想像がつくと思う。コアラ抱いてる場合じゃない。

つまりベッキーの立場を考えれば、メディアはもちろんのこと、一般人にすら写真を撮られるとまずい状況だった。

危険を”認識”することも情報セキュリティ対策

ツメが甘かったといわざるを得ないが、一般人に写真を撮られツイッターに投稿されたことは立派な情報流出だ。別に写真を撮った一般人を責めているわけではないことは理解してほしい。

積極的に公に出すべきではない情報(ベッキーの海外旅行)を、公にしてしまう(ツイッターでの投稿)のは情報流出だ。つまり、情報流出に対して何らかの対策を打たなければならなかった。それが不十分だった結果、海外旅行中という情報が漏えいし、ネット上を中心とした更なるバッシングを受けている。

情報流出に対して、謹慎中(謹慎すべき期間中)の人間であればたとえ息抜きが欲しかったとしても人目の少ないところにする。素顔を晒さないようにめがね・マスク・帽子などを被る。人気のある場所は人の少ない時間帯を選んで利用する。極力写真に写らないようにする。

他にもマネージャーなどにアドバイスを求めるなど、こうした対策でリスクは大幅に軽減できる。そもそもまだ全然時間たってないんだから家で反省しろっていう声も聞こえてくるけど。

それらを一切放棄して、人目の多い時間帯で満面の笑みを浮かべながら写真を撮られるのはいささか無防備だと言わざるを得ない。一般人が芸能人の写真をとったら次に起こす行動が何かは、SNSが好きそうな”卒論女子”なら分かりそうなものだが。

被害を”認識”することも情報セキュリティ対策の一環

自分の置かれている立場を客観的に見れば、情報流出の危険性に晒されていることに気づくことができる。それとは別に、情報が流出してしまった場合でもその被害を正しく認識することも、情報セキュリティにおいては非常に重要である。

昨年大阪府堺市で起きた有権者の情報漏えい事件では、その漏えい範囲をいち早く把握し、その情報を入手した人間を早急且つ的確に把握したおかげでまずまずの収束を見せていた。

今回の位置流出に関してベッキーはどうだろう。ライン流出から不倫疑惑が明らかになった際、説明責任を果たさない一方的な謝罪会見を行ってしまったせいでイメージ悪化が止まらない。

今度のオーストラリア海外旅行に対してどのような説明をするかも、非常に重要だ。ここでまた全く触れずにスルーしてしまうようなことがあれば、更なるイメージダウンは免れないのではないか。

まとめ

本来謹慎すべき時にオーストラリアの動物園で海外旅行をエンジョイしていたなどといわれれば更なるイメージダウンは不可避だ。

そしてこの一般人の写真投稿だが、ベッキー自身の情報管理の甘さが露呈している。一切の変装も行わず満面の笑みを浮かべて写真を撮られてしまっているのは痛恨の極みだ。

ラインのやりとりも流出し、今度は海外旅行の位置までも流出してしまったベッキー。もちろん彼女の行いに対しての説明責任をきっちり果たすことも重要だが、彼女は情報セキュリティについても、もう少しよく考えてみるべきではないかと私は思う。

それにしても、恐ろしい世界になったものだ。いつどこで誰からどのような情報が漏えいしてどんな結果をもたらすことになるのか。誰もわからない。

だからこそ、正しく生きたい。

合わせて読みたい

スポンサーリンク