オチェアーノ - 情報の海に溺れて

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オチェアーノ-情報の海に溺れて

情報漏えいの事例など、情報セキュリティ意識を高めるブログ

MENU

科学なぜなぜ110番という学研のウェブサイトが凄すぎるので紹介

無慈悲な子供の質問

“なぜ空は青いの?”“なんであくびが出るの?”など子供は無邪気にたくさんの質問を親や先生に投げかける。もちろん、中には大人からしてみれば常識と思うことが大量にある一方で、子供にとってみればそうではないパターンも多いから当然だ。別に答えられているうちは問題ないのだけど。

  スポンサーリンク

 

 


しかし、時々子供の質問は結構“うっ”と言わされるようなことを突いてくる。自分の頭の中では理解しているようなことでも、いざ他人に説明しようとすると中々言い表せないってことは誰だってあるんじゃないかなと思う。
しかも、子供は知識量が大人に比べて少ない。つまり、彼らに物事を教えるために彼らの知らない言葉や定理を使うことはできない。これは結構な制約だ。

よく言われているけれど、難しい言葉を使わず、小学生に説明して分かってもらえるようになって初めて理解したといえるっていうよね。もちろん程度問題でじゃあラプラス変換を簡単な言葉だけで小学生に理解してもらうなんて難しいわけだけど。

素朴な質問

例えば、水と油を同じ容器に入れてしばらくすればそれらは別々の層に分かれる。その様子を見た子供が“なぜ水と油は別々になっちゃうの?”と聞いてきた。面倒なことになった。
中高生ぐらいになってくれば油と水は親和性がなくて比重も違うんだよって言えば分かる子も出てくるだろうけど、小さい子供に比重なんて言ったら余計はてなマークが飛ぶ。どんどん飛ぶ。比重って何~?密度って何~?


そこで科学なぜなぜ110番というウェブサイトを見て欲しい。

学研の子供向けウェブサイトなのだが、ここでは小さい子供が思う付きそうな質問を大量に網羅している。そしてそれらに対して、とても分かりやすい答えとイラストまで付いているのだ。

中身を見ていると分かるが、とにかく物心ついた子供が連発しそうな内容の質問がどっさり並べてあってとても参考になる。これで将来のわが子対策、教え子対策、完璧だ。


ちなみに先ほどの質問への答えは、油は水に溶けない、地球から引っ張られる力が違うから、という子供でも分かりやすそうなワードを使って解説している。確かにこれならいけそうだ。

ひねくれた子供はなぜなぜ波状攻撃を繰り出してくるかもしれない。「なんで油は水に溶けないの」「なんで地球から引っ張られているの?」などなど。そしてなぜ?は突き詰めると哲学になることを大人のみんなは良く分かっている。


そして子供はこう言われる。「屁理屈を言うな!」と。子供が世の理不尽を知る第一歩である。

大人でも結構、様々な発見がある

子供向けのウェブサイトと侮るなかれ。このウェブサイトは結構スゴイ。大昔に勉強したことなんて覚えてないし、空が青いのはレイリー散乱のせいだって言葉は覚えていても、今一中身をよく理解していない。しかも波長の短い青い光が日中は多く届くが、波長の長く遠くに届きやすい赤が夕方は太陽の位置が遠くなるので多く届くとかその辺と混同したりしてる。

今私が「なぜ空は青いの?」って子供に聞かれたら、「青くないよ。水色だよ。」と答えて、「そういえば水色で思い出したけど~」と息もつかぬ間に話題を摩り替える。これが話をごまかそうとする卑怯な大人である。何が悪い。


大人でも、よくよく考えれば“あれ、なんでだろう?”と思うようなことは世の中に多数転がっている。大人の方でも一度このウェブサイトの項目に目を通してみるのはとても有益だと思う。

特に一度は理由を聞いたことがあるような話ばかりだと思うので、リマインダーとなり記憶により定着する。今後子供に聞かれたときに対処できるよう、復習タイムだ!

スポンサーリンク