オチェアーノ - 情報の海に溺れて

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オチェアーノ-情報の海に溺れて

情報漏えいの事例など、情報セキュリティ意識を高めるブログ

MENU

ブログなど記事を書くのが劇的に楽になる!音声入力のすすめ

音声入力をオススメする理由

ブログ記事を書こう書こうと頑張っているとついつい力みすぎて手が疲れてしまう。もしくはタイピング速度がそれほど早くなくて、中々スラスラを書き続けることができない。

そんな人達に朗報があります。それは、音声入力です。え、”音声入力なんて使えないだろう?”そんなことはありません。最近の音声入力はとても優秀なのです。

  スポンサーリンク

 

確かに一時期音声入力と言えば、放った言葉の3割を正しく汲み取れていれば良い方だったかも知れません。しかし今ではSiriやCortana、Googleなどに代表される音声情報処理サービスのおかげで、音声入力精度は格段と向上しました。

試しにお持ちのスマートフォンのメモ帳を開き、音声入力で”なまむぎなまごめなまたまごまる”と喋ってみてください。”生麦生米生卵。”と変換されましたよね?言えなかった?ごめんなさい。

このように昔だったら認識されにくかったはずのフレーズなども正確に変換してくれるようになりました。長文なども全く問題ありません。

iPhoneであれば、”、”は”てん”、”。”は”まる”、改行は”かいぎょう”と発音すれば自動的に行ってくれます。漢字への変換も一瞬です。寝たままブログが書けます。

音声入力を練習することのメリット

それと、ブログ記事を音声入力で練習することによって普段の話し方が改善される効果も期待できません。例えば、普段話していると”えっと・・・”や”そういえば、うーん、なんだったっけあれ?”などといったノイズが混ざる方は多いと思います。

しかしブログ執筆で”なんだったっけ?”などと書くわけはありませんよね。よって、音声入力での執筆精度を上げるためにこれらを極力発しない喋り方を心がけるわけです。その結果、普段でもノイズが減ります。

また、どうでもいいことを長々と話してしまったり、無駄に多く言葉を修飾するようなことも音声入力では避けることができます。頭の中で何を言いたいか整理し、話す癖がつくのではないでしょうか。

キャッチボールをしているわけではないので会話力そのものがぐんぐん向上するとは言えません。しかし、何かを報告・説明する力が向上すること間違い無しです。

音声入力のメリット

タイピングするより遥かに早いです。何を喋りたいかが決まっていればそれこそ1分もしないうちに500字は簡単に突破します。そして何より疲れないんです。

もちろんスタバとかコワーキングスペースにこもって作業されることが多い方は周りから不審者の目で見られてしまうかも知れませんのでオススメできません。自宅がオススメです。

例えば通勤中だったり、とても暇な社内会議や飲み会などの間で、何を話すか考えておけばあとで楽にアウトプットできます。

文章に起こすスタイルだとメモを取れなかったりスマホを触れない時間は多いですが、考え事ができない時間なんてほとんどありませんから。

喋るのが好きな方は、間違いなく音声入力で執筆を続けた方が後々メリットが大きいですよ!

入力後の手直しが大事!

さすがに、音声入力といっても全て口だけで完結するわけではありません。句読点を増やしたり減らしたり、文字のスタイルを変えたり見出しをつけたり、誤認識された部分を手修正したり。

もしくは発言した段階での話の構成が気に入らなかった場合は段落を入れ替えたり、不必要な部分を削除するなど色々手を加える必要があるかも知れません。

しかしそれは数をこなせばこなすほど、どんどん手間が減っていくことでしょう。何より、自分の喋っていることがリアルタイムで文章に起こされていくのは気分が良いです。まるで自分専用のメモ係が居るかのような快適さ。

まとめ

まずは騙されたと思って音声入力で一記事書いてみてください。色々不満は出るかもしれませんが、その圧倒的なスピードには間違いなく驚くと思います。

ただ、喋るスピードがとても速い方は少しゆっくり喋った方が良いかも知れません。人間に対しても、聞き取りやすいスピードではきはき喋ることってとても大事です。

音声入力は記事を執筆しながら、リアルでの会話の練習にもなる素晴らしい方法だと思いますね。

 

えっ私ですか?私はタイピングです。

 

スポンサーリンク